sapce
エデュケーションネットワーク ホームへ戻る English sapce
最新ニュース会社概要採用情報お問い合わせ

活躍する卒業生

佐藤 仁美さん (5〜12歳までKEC英会話スクール高蔵寺幼稚園教室に通学)

今どんなことをしていますか?

名古屋市の中学校で英語を教えています。春に大学を卒業し、なんとか無事に社会人になることができました。

KECに通っていたころの思い出は?

私は5歳から12歳までKECで的馬先生にお世話になりました。かるたやビンゴゲームを楽しみに毎回レッスンに通っていたことを覚えています。2週間に1回来る、ネイティブスピーカーの先生と会えることも刺激的で、とても楽しみにしていました。

あなたにとって「英語」とは?

私にとって英語とは、考え方や物の見方を広げる道具です。例えば、私はアメリカ留学中、模擬国連(Model United Nations)というものに参加しました。模擬国連とは、様々な国の人が集まり、ジェンダーや人種、社会問題について英語を使って話し合い、解決方法を模索する場です。そこで私は、アフガニスタンの議員役として、データを元にいろいろな人と意見交換をしました。意見交換をすることで、日本では考え付かなかった側面に気付くことが出来ました。つまり、私にとって英語とは、考え方や見方を広げる道具です。

これからの夢、ゴールは?

私の夢は、世界と日本を繋ぐ英語の先生になることです。そのために、まずは世界の子どもたちとコネクションを増やしていきたいと思います。具体的には、インドやその他の国に教師としてボランティアに行く活動を今後も続けていきたいです。また、日本である程度経験を積んだら、ぜひ長期で海外支援をしていきたいと考えています。日本に帰ってきてからは、スカイプや手紙などを使い、世界で出会った子どもたちと日本の子どもたちに英語で交流させたいです。その交流を通して、年の近い世界中の子ども達が互いの国の違いや文化を共有し、共に学び合うことができたら素晴らしいと思います。世界の子ども達と日本の子ども達を繋ぐ「かけはし」になること、これが私の夢です。

KECのみなさまへメッセージ

KECでは頻繁に英語にふれる機会が与えられるので、特にリスニング力とスピーキング力が伸びると思います。私はKECでフォニックスをしっかり教えて頂いたおかげで、海外に行った時やアメリカ留学中も英語が通じずに困ったことは一度もありませんでした。日々のレッスンを楽しく一生懸命やることが、後々の自分に絶対にプラスになると思います。頑張ってください。
 他にも、こんな先輩たちがいます
大学で国際関係を学び、外資系の商社でセールスアシスタントとして働く 栗原 凪沙 さん

オーストラリア留学を経てメーカーの海外営業部門に勤務する 西岡 慶弥 さん

一橋大学商学部経営学科にて経営学やイノベーション・マネジメントについて学ぶ 水野 翔太さん

岐阜大学大学院工学研究科にて有機化学分野の研究をする 河合 信之介さん

 
>>このページのトップへ
sapce
  このページの写真の著作権はJay Vergaraに帰属します。許可なく転載・複製等はできません。 
エデュケーション ネットワーク
Copyright 2008 Education Network All Rights Reserved.