sapce
エデュケーションネットワーク ホームへ戻る English sapce
最新ニュース会社概要採用情報お問い合わせ

教師紹介 (キッズインターナショナルスクール)

KISの教師陣

キッズインターナショナルスクールの教師は、すべて教師・保育士の有資格者で、児童心理、発達を踏まえた上で、子どもたちの学びを最大限に引き出すように援助しています。 子どもたちに対して深い愛情と忍耐を持つ、使命感の強い教師ばかりです。また、向上心にも富み、よりよい教育環境を提供するために、常に意欲的に学ぶ姿勢を持っています。 (園長 三谷 みちる) 
Michiru Mitani

Assistant Director
Mary  (an early childhood educator )
I’ve been working professionally with children for over 25 years.  I ran my own day care business for 12 years, I was a trainer for teachers, I was a director for a small school and an Education Coordinator for a large school, I’ve worked in Head Start with children getting ready for kindergarten, and I’ve worked in a special group home for children who no longer have a family or home. I have a degree in Early Childhood Education and I am working on an advance degree in Human Development. For me, working with young children is all about the positive relationship I am able to develop with each individual.  I have a unique opportunity to see how a human being develops and the opportunity to introduce positive emotional skills that could impact their entire life.  I love being silly and laughing, but I take my responsibility as an early childhood professional very seriously, knowing that the laughs and songs will have a positive impact on a child’s self-esteem and this helps to build their self-confidence. With confidence they are then able to explore, create, and learn, trusting the adults in their lives and their own intuition. This is why I choose to work at Kids International School (KIS).
At KIS teachers are encouraged to develop a curriculum that has a strong focus on positive social interactions and creativity. The philosophy “a child’s play is their work” is at the core of our program as we look at developing the whole child not just their academic growth. Here we have children from all over the world who have the opportunity to learn first-hand about diversity and develop positive communication skills through songs, stories, conversations and dramatic play. Having the freedom to provide what is developmentally appropriate for each child while exposing them to a variety of creative experiences is such a benefit in a micromanaged world. We are able to paint, glue, cut and create every day with a wide range of materials. As children move through the Toddlers class up to the 3’s, 4’s and Kindergarten they will experience progressively more complex activities, ideas and skills with lots of laughter along the way!

子どもの教育に携わって25年以上経ちます。自分で保育所を12年間営み、教師の指導に携わったり、大小のスクールで子どもたちを教えたり、教育コーディネーターとしても仕事をしてきました。児童養護施設での経験もあります。幼児教育の資格を有しており、さらに人間発達の勉強を今もしています。 私にとって子どもを教えることは、それぞれの子どもとポジティブな関係を築くということにつきます。教師として子どもたちと関わっていくことで、人が発達していく様子を身近に見たり、一生を左右するであろう上手に感情をコントロールしていく方法を教えるという貴重な機会を日々得ているのです。私は、ふざけたり、笑ったりすることが大好きですが、笑いや歌が子どもたちにとって自信を築く上でよい影響を与えるということを理解しつつ、幼児教育者としての責任を大事に考えています。子どもたちは自信をつけると、いろいろな活動に取り組んだり、製作したり、学んだり、直感的に自分の回りの大人を信用することができるようになります。
KISでは、社会性の確立と想像力の発達に力を置いています。「遊びが子どもの仕事」という考え方が私たちのプログラムの根幹にあり、知識教育だけではなく、全人教育を目財しています。様々な国籍の子どもたちが歌やお話し、会話ごっこ遊びなどを通して直に多様性や社会性を学んでいます。想像力を刺激する様々な活動や、個々の子どもたちの発達に応じた活動を行なう自由がKISで許されているのは、管理社会において大変有意義でありがたいことです。様々な素材を使ったアート活動を毎日のように行っています。トドラークラスから3才、4才、5才クラスにあがるにつれて活動は複雑になり、考える力やスキルもより求められていきますが、KISには子どもたちの笑い声が常にあふれています。
   
Megumi  (保育士)
I believe in the words "Learn through play". We provide a fun and comfortable environment for the students. If the students tell me at the end of the day "I had fun today", this enlightens me very much!Everything happens for a reason, whether they appear meaningless to others. I wish our school will bring you and your child/children something meaningful to your life. Thank you for visiting our web site!

私は「遊びを通して学ぶ」ことを信念としています。私たちは子どもたちに楽しくて快適な学習環境を提供するように努めています。ですから子どもたちが一日の最後に「今日は楽しかった!」と言ってくれると本当にうれしいです。一見意味のないことに思えても、すべてのことには意味があります。KISが子どもたちの人生に何かとても意味深いことをもたらすことができるといいな、と思います。  
Sam  an early childhood educator
Hi! My name is Samantha Young, but everybody calls me Sam. I was born and raised in South Africa, spending most of my life on farms, so I love to spend my free time in the outdoors doing things such as gardening, hiking and Mountain Biking. I have taught children ranging between the ages of 4 years old to 13 years old for almost five years. I have a Bachelor’s degree in Early Childhood Education and Foundation Phase from the University of Pretoria, and later I completed my Honors in Inclusive Education from the University of South Africa.
 
サマンサ ヤングですが、みんなは私のことをサムと呼びます。南アフリカで生まれ、農場で育ったので、ガーデニングやハイキング、マウンテンバイクなどアウトドアが大好きです。今まで4歳から13歳までの子どもたちを教えてきました。南アフリカのプレトリア大学で幼児教育と初等教育の学士号を取得し、南アフリカ大学で特別支援教育の資格を取得しました。  

Yukiko
  (保育士)
“Watch me! I can do it!” This is the one of my favorite phrases. I love to hear these words from the children every day. There are many chances for the children to say “I want to try!” around KIS such as music, cooking, craft and outside play time. We respect the idea of “I want to try!” by providing them with the developmentally appropriate environment. We always share ideas with other teachers and help each other to make things better. KIS parents are also very supportive. We are very happy to share children’s growth with them. I am very proud of my job at KIS where I help the children grow. I am very grateful to hear “watch me! I can do it!” with their confident voices and their bright smiles and this makes me happy to be a teacher.

「見て、見て! これできるよ!」 これは、私の好きな子どもたちの言葉のひとつです。そして、この言葉を私はKISで毎日聞くことができます。KISには、ミュージックタイムやクッキング、工作の時間やお外遊びなどを通して子どもたちの「やってみたい」気持ちが溢れています。私たちは、この子どもたちの気持ちを大切にして、それぞれの年令に合った環境を用意しています。また、より良い保育をするために教師同士の意見交換を大切にし、お互い助け合いながら働いています。また、KISの保護者の方々のご協力にもとても感謝しています。保護者の方々と共に子どもたちの成長を見られることを喜びに思います。KISで日々成長している子どもたちを保育できることを誇りに思い、そしてキラキラした瞳で「見て、見て!これできるよ!」と自信に満ちた姿を見られることが教師としての幸せです。  
Heleen  (an early childhood educator )
Hi there! I am Heleen from South Africa. I have always had a passion for children and I am so excited to work at KIS. After high school, I au paired in the USA, and loved every minute one of it! Upon returning home, I completed my studies in Finance and Marketing. However, I decided to pursue my passion so then I completed my Post-Graduate Certificate in Education, specialized with high school students. Currently, I am furthering my studies in Educational Psychology. My dream is to open my own Education Centre where I can assist students with learning disabilities, specifically the disadvantaged students in South Africa.
I strongly believe that children are the real educators in life. We as adults have so much to learn from them. I love how honest and pure children are and how excited and positive they approach every day. I think it is extremely important that children are given the freedom to be who they want and not to be confined to the boxes that society has created, with teachers only guiding them along the way into the right direction. Therefore, KIS is the perfect place for this. I am so thrilled to work in a play-based environment where I can assist children with the personal growth and learn from them as well. Thank you for providing me this opportunity!

こんにちは。南アフリカ出身のヒリアンです。子どもたちが大好きなので、KISで教えることになってわくわくしています。高校卒業後、オペアプログラムでアメリカに行って、とてもいい経験をしました。帰国してから大学での経理とマーケティングの専攻を終えましたが、夢を追ってさらに高等学校教育の勉強もしました。そして、現在は教育心理学について学んでいます。夢は、南アメリカで学習障害、特に恵まれない子どもたちを援助する教育センターを開くことです。
私は、子どもたちが人生の本当の教育者だと信じています。私たち大人は子どもたちから学ぶことがたくさんあります。子どもたちの正直さ、純粋さ、そしてわくわくポジティブに一日を迎える様子が大好きです。子どもは、自分がどうありたいかという自由を与えられるべきですし、社会が作る箱に閉じ込められるべきではないと思っています。教師は、それを見守り、正しい方向に導いていくだけです。それを実現するためにKISは最適な場所です。遊びを通じて学ぶ環境で、子どもたちの個々の成長や学びを援助できるので、本当にわくわくします。この機会を与えられて感謝しています!
 
Kumiko  (保育士)
I have been dreaming about being a teacher since I was an elementary student. Now my dream came true and I am here at KIS. I am so glad to be here. I am very happy to see the children’s shining eyes and smiling faces and also to hear their laughter. I always try to know what they see and what they feel and I try to see it and feel it with them. Also I try to know what they are interested in and what they want to do , so we can do it together and have fun together. I believe that children grow much when they have fun and they are involved in something. As the children grow, I hope to continue growing as a teacher as well.

小学生の時に「幼稚園の先生になりたい!」と夢をみて、その夢を叶え、KISで子どもたちといられることをとてもうれしく思いいます。子どもたちのキラキラした目、笑顔そして楽しそうな笑い声に囲まれて毎日が楽しいです。 子どもたちと毎日過ごす中で、いつも子どもたちと同じ目線でいられるように心がけています。子どもたちが何を見て、何を感じているかに気づき、それを共に見たり、感じたりすること、その時に子どもたちが何に興味を持って、何に夢中になり、何をしたいのかに気づき、それを共に楽しむことです。なぜなら、私は子どもたちが何かを思い切り楽しみ、深く夢中になることで更に成長すると思うからです。私も子どもたちと共に日々成長していけるような教師になりたいと思っています。  
Robert  (an early childhood educator )
As a lifelong educator with twenty years experience in public schools both “back home” (Australia) and in Japan, I have hopefully learned as much about myself as I have taught to students. In fact, the one thing that I can confidently say about my time in education is that while knowledge and process are valuable “things” there is nothing more important than curiosity. When we are curious, we want to learn, we want to find out how and why things work. We seek to learn more about not only our world but our place in it. Learning should inspire us, whether we are teacher or student, parent or child. When we feel inspired, we are empowered, we share our ideas, our insights and our learning with others. And in sharing we learn to build stronger, better and kinder connections with family, friends and communities. As a newcomer to early childhood education, the road to kindling curiosity among our youngest may be a formidable undertaking but it is also a limitless, wondrous joy. And it is on this road as teacher, student, parent and child we travel together.

オーストラリアと日本での20年間の教師としての経験を通じて、生徒たちに教えてきたのと同じくらい自分についても学んできました。 その中でわかったことの一つは、知識と過程は大切な「こと」ですが、好奇心よりも大切なものはないということです。 私たちが好奇心を持っている時は学びたいと思うし、どのように、あるいは何故、物事がそんなふうになるのかということを知りたいと思うからです。 広い世界だけではなく、その中に存在している私たちが今いる場所についても、もっと学びたいと思うようになるのです。教師でも生徒でも、親でも子どもでも、私たちは学ぶことで刺激を受けます。 刺激を受けることで、考えや発見したことや他の人と一緒に学んだことを他の人と分かち合う力が出ます。 その分かち合いの中で、家族や友人、地域の人たちとのより良い、強い、優しいつながりを築いていくことができるのです。 幼児教育には初めて挑戦します。子どもたちの好奇心に火をつけるのは大変な仕事だとは思いますが、私にとって限りなく素晴らしい喜びでもあります。 教師も子どもたちも保護者の方たちも、みんなで一緒に歩んでいきましょう!
Takako  (保育士)
Children spend much of their time in school. It will be quite meaningful for them. They are learning all the time on communicating with friends and new activities. I love this job having a precious time to see their improvement up close. I would like to dedicate myself to having a global and reassuring circumstance for children.
 
子どもたちにとって園での生活は1日の大半を占める大切な時間です。先生や友だちとの関わり、新しい遊び、その中での学びから日々成長していきます。そういった大切な時間を子どもたちと過ごし、成長を間近で感じられるこの仕事が私は大好きです。KISという、グローバルで1人ひとりに寄り添う保育環境の中で子どもたちと共に私自身も成長していきたいと思っています。  
Yuki  (保育士)
My dream was to be a teacher since I was a child and now I'm really glad to work at KIS. By seeing the world through children’s eyes I will understand their interests and concerns and I can share their joy when they achieve something. In daily life, I want to support them by considering how the children are feeling. I try to provide an environment that children can feel happy and comfortable in.

私は小さい頃から保育士になることが夢でした。そして今、KISで働けることをとても嬉しく思っています。常に子どもの目線に立ち、子どもが興味関心を持ったことに気づいたり、何かを達成できた時に一緒に喜びを分かち合ったりしながら、日々子どもたちの気持ちに寄り添い援助していきたいと思っています。子どもたちが安心して生活でき、楽しい!と思ってもらえるような環境を提供できるよう心がけていきます。  
Azusa  (保育サポート)
I love children. Here at KIS, I'm looking forward to be part of the children's lives as a teacher. My dream is to become a good teacher that can help my students be happy. I'm willing to improve my skills, learning with children and I cherish the time I can spend with everyone.
     
私は子どもが大好きです。KISの一員として、子どもたちの人生に携わることが出来るのをとても嬉しく思います。 日々子どもたちから学びながら、自分自身も成長できるように努力していきます。子どもたちとの時間を大切に過ごしながら、子どもたちを幸せに出来る、また「私が先生で良かった!」と思えるような人になりたいと思います。  
sapce


エデュケーション ネットワーク
Copyright 2008 Education Network All Rights Reserved.