sapce
エデュケーションネットワーク ホームへ戻る English sapce
最新ニュース会社概要採用情報お問い合わせ

活躍する卒業生

1989年の設立以来、KEC英会話スクールからはたくさんの生徒が英語を学び、文化に親しみ、積極性やコミュニケーション能力を身につけて巣立っていきました。ここでは、すでに社会に出て活躍している卒業生をご紹介いたします。
「英語を学ぶことで、世界が広がる可能性を知ってほしい、そして、友達の輪が広がり、より豊かな人生が送れることを知って欲しい」という私たちの願いをそのまま体現してくださっている卒業生の活躍ぶりをどうぞご覧下さい。
岐阜大学大学院工学研究科にて有機化学分野の研究をする 河合 信之介さん

大学で国際関係を学び、外資系の商社でセールスアシスタントとして働く 栗原 凪沙 さん

アメリカ留学後、インドなどでボランティアを経験し中学校の英語の先生となった 佐藤 仁美 さん

オーストラリア留学を経てメーカーの海外営業部門に勤務する西岡 慶弥 さん

一橋大学商学部経営学科にて経営学やイノベーション・マネジメントについて学ぶ 水野 翔太さん

 

河合 信之介 さん (5〜12歳までKEC英会話スクール高蔵寺幼稚園教室に通学)

今どんなことをしていますか?

岐阜大学大学院工学研究科にて有機化学分野の研究と勉強をしています。アルバイトで生活費を稼ぎながら、たまの休日に友達や仲間と遊んだり食事に行ったりするのが楽しみになっています。学会発表や修士論文が控えており、忙しい日々ですが充実しています。

KECに通っていたころの思い出は?

僕の中でKECで過ごした時間はとても楽しく幸せなものとして今でも心に残っています。当時すごく人見知りだった自分ですが、ここでは不思議と先生方や周りの友達と笑い合ってたくさん話していました(おそらくうるさすぎるぐらいに)。KECには人の内面を変え、素を引き出させるようなアットホームな魅力があったのだと感じます。それ故になじみやすくて、毎回通うのが楽しみでした。リズミカルな英語の音楽も印象的です。
またしばしば的馬先生と母を呼び間違えていたのは幼少期の秘密の思い出です。

あなたにとって「英語」とは?

今も昔も変わらず、人と人がつながるためのコミュニケーションツールです。たとえ英語が通訳さんのように上手に話せなくても、簡単な英語の挨拶と単語を扱えれば海外の方とも仲良く会話することができます。そのスキルを昔に習えていたため、現在でも日本に来た大学の留学生達とも和気あいあいと接することができており、英語って便利なんだなと実感しています。さらに世界の化学に関する論文が英語で記載されるため、研究の面でも身近なものとなってます。英語のおかげでコミュニケーションの幅が広がり、より多くの交流や価値観、知識を持つことができました。

これからの夢、ゴールは?

現在専攻していることを活かして化学や薬品のメーカーに就職することを目標としています。そこでは生活に役立つような商品開発に携わり、世界中の人々に貢献していきたいです。あとは素敵な人と幸せな家庭を築けたら最高ですね。

KECのみなさまへメッセージ

「英語を勉強する」と考えると固くつまらないものに感じてしまうかもしれませんが、「英語で遊ぶ」というようなイメージで是非レッスンに通ってみてください。きっと僕が昔体験して感じたような素晴らしい時間を過ごすことができると思います。そしてKECではそう感じさせてくれる先生と仲間が必ずいます。普段、学校などでは経験できない英会話を通して、思いっきり楽しみながら英語と触れ合って下さい。
Yukari【担当講師:的馬より】 幼児の頃は本当に大人しくてニコニコしてましたが、あまり話もせず静かで一体どんな声をしてるんだろうと思ってました。お母さまが「続けていいものかしら?」と不安がられてましたが、「とにかく私に任せて、来てください」と励ましていました。それが小学校にはいり絵本読みが始まったら性格が180度変わりました。発音もきれいでそれは流暢に本を読んでくれるし、手を挙げて発言もしてくれる〜みるみる自信がついてくのがわかりました。大学院に進むと聞いて頼もしく思っていましたが、今後は研究を通して社会貢献してくれることを期待しています。
 
>>このページのトップへ
sapce
  このページの写真の著作権はJay Vergaraに帰属します。許可なく転載・複製等はできません。 
エデュケーション ネットワーク
Copyright 2008 Education Network All Rights Reserved.